Q&A

HOME > 地盤改良に関するQ&A > 地盤改良に関する質問「地盤改良について、2...」

質問内容「地盤改良について、2社で見解が異なります。どこか第3者的ある...」

質問

地盤改良について、2社で見解が異なります。どこか第3者的あるいは公的立場でご相談できる窓口を知りませんか?もしくは見識ある方からのご回答を賜りたく思います。宜しくお願いします。さて具体的には、木造2階建新築で建築面積は20坪です。結果数値は6地点(4隅と真ん中の5点、もう一点は測点4付近)測点1 2Mまで→換算N値3未満→0.75mに2.2 (0・50mと1.75m~2.00mで3)5Mまで→換算N値3未満→3.25m~3.50mに1.5、 3.75mに2.2、4.00mに3換算gaで20未満は3.25mと3.75mの連続2箇所で15測点2 2Mまで→換算N値3未満→0.75mに1.5 (0・50mと1.75m~2.00mで3)5Mまで→換算N値3未満→3.25mに1.5、3.50mに2.2、3.75mに3 換算gaで20未満は0.75に15と3.25mに15測点3 2Mまで→換算N値3未満→0.75mに1.5 (2.00mで3)5Mまで→換算N値3未満→※3未満は無く、2.25m 3.25m 3.75m~4.25mの5箇所で3 換算gaで20未満は0.75に15測点4 2Mまで→換算N値3未満→※全てにおいて3未満5Mまで→換算N値3未満→2.25m~2.50mに0.7、3.50mに1.5、3.75mに2.2 、4.00mに3 換算gaで20未満は0.50~2.50の全ての層と3.50に15測点5 2Mまで→換算N値3未満→※3未満は無 (1.75m~2.00mで3) 5Mまで→換算N値3未満→3.75m~4.00に2.2 またその上下3.00m~4.25mの連続で3 換算gaで20未満は無※極端に弱かった測点4の少し内側に測点6(測定は3mまで)測点6 2Mまで→換算N値3未満→0.25mで0.1 3Mまで→換算N値3未満→無 換算gaで20未満は0.25mに1上記データを基にHM系→柱状改良5,5M 500mm 35本独立系→部分転圧のみを測点4付近に実施 さてここで、HM側は安全面より過剰な地盤改良が度々なされている事は認識しています。よって、独立系の示す方法で補償や実際の地盤が担保されるなら(また柱状改良は六価クロムと売却時撤去の将来リスク)より良いと考えますが、上記数値より3.5m付近に数値が欠しい層がやや見受けられます。1kN未満の自沈層が連続50~75cmあるのを、対処せづとも問題ないのでしょうか?当該土地は台地で住宅街で、古家も自沈の影響は無さそうで地盤改良はピンときません。しかし必要ならやる訳で、2社で見解が分かれ余計に混乱しました。総合的に判断したく、更なる情報収集にご協力頂ければ幸いです。以上、宜しくお願い致します。

投稿日時:2013/06/17 01:15:21

質問

地盤に関して"絶対"はありません。どこまで安全を見るか? に尽きます。瑕疵担保保険がOKにならなければ、現実問題として建てられませんし瑕疵担保保険が通る状態でどこまでプラスαの安全面を見るかは自由だと思います。自沈層があっても保険屋が地盤改良しなくてもOKならば法的には問題がありません。1kN未満の自沈層が気になるのでしたら地盤改良するのはあなたの自由です。あっちこっち締め付けられて自由度の無い地盤改良ですがそれくらいは施主の自由度があるわけです。普通は住宅屋は安全側の判断をしますが、さてあなたはどうされますか?保険屋が地盤改良しなくてもOKなものを地盤改良する場合世間ではそれを過剰な地盤改良とは呼びますけれども…

その他の質問はこちら

Web Services by Yahoo! JAPAN

サイトトップページへ

地盤改良・工事のことなら創業50年以上の実績を有する坂本建設へ