表層改良工法

  • TOP>
  • 表層改良工法

表層改良工法のご紹介

群馬県を中心に地盤改良・地盤工事を行う坂本建設では、表層改良工法による地盤工事を行っております。

こんなお悩みを解決できます

浅い地盤を改良したい

他の工法では対応できない2m以下の地盤に対応可能。浅い地盤を改良したい場合に表層改良工法を実施します。

軟弱な地盤を改良したい

表層改良工法はN値(地盤の固さを表す値)が3.1以上の地盤にも適用できます。強度の強くない土地を改良したい際も対応可能です。

表層改良工法とは

表層改良工法とは、地表から2m以内の浅めな軟弱地盤に行う工法。表面の土を鋤(す)き、土とセメント系固化材を混ぜ合わせたものを流し込みます。最後に重機やローラーなどで固めて完了です。

表層改良工法のメリット・デメリット

メリット
  • 比較的安価な値段で施工できる
デメリット
  • 軟弱地盤が深い場合は施工できない
  • 不同沈下の原因になることがある
  • 六角クロムが発生する場合がある

※井戸や畑の近くは六角クロムが出にくいセメントを使用するのでご安心ください

事例紹介

地域 工法 掘削深度 面積 工期
群馬県みなかわ町 表層改良工法 1.5m 300坪 10日
地域 工法 掘削深度 面積 工期
群馬県桐生市 表層改良工法 1.2m 36坪 1日
  • その他の事例はこちら
  • お客様からのご意見はこちら
  • 坂本建設が選ばれる理由はこちら
  • 坂本建設のスタッフをご紹介します

地盤改良・工事のことなら創業50年以上の実績を有する坂本建設へ